電験法規完全攻略

「法規合格」のための学習サイト

【電験法規】日負荷曲線の負荷率計算問題で陥りがちな2つのミス

負荷率計算で陥りがちな2つのミスとは

本記事では「やってしまいがちな計算ミス」を紹介する。


実のところ、自分が電験3種を受験していた時期によくミスをしていたのだが・・・


今回記事を書く際にもミスをしてしまった。

現在は200人~300人が見て下さっているブログであるので


「申し訳ない」という気持ちと共に個人的な話だが「非常に恥ずかしい思い」をした。講義とは違うので、挽回もしにくいので顔が真っ赤になった。


恥をかいた自分は今後、間違うことはないだろう。





 

・・・敢えて、自分の感情を記載したのだが


記載した理由は
「本ブログを見ている方に同じ間違いをして欲しくない」からだ。


ここで自分に置き換えて「恥ずかしいミスだな・・」でもいいし「・・やりがちだな」と思ってくれればいい。

 

ただ、強い印象だけを残しておきたい。



さっそくだが

 

先日配信した記事(【電験法規】日負荷曲線・日負荷持続曲線、負荷率の問題を極める(8日目) - 電験法規完全攻略)で間違えた問題をみてみよう。

問題③

ある変電所において、図のような日負荷曲線を有する3つの負荷A,B,Cがある。

f:id:denken_1:20190821064744j:plain

・負荷Aの最大電力5000kW
・負荷Bの最大電力4000kW
・負荷Cの最大電力2000kW

総合負荷率はいくつになるか、答えよ。

 

解説

最大需要電力は12時~16時であることはすぐに分かるだろう。

負荷A,B、Cを足し合わせると
11000kW

負荷Aの最大電力5000kW+負荷Bの最大電力4000kW+負荷Cの最大電力11000kW



次に、平均電力を求める。

求め方としては
負荷Aの平均電力+負荷Aの平均電力+負荷Aの平均電力で算出する。


負荷Aの平均電力

電力量を24時間分を足し合わせると
4000×8+5000×8+4500×8=108000[kW]

1日の平均を求めるために24で割ると
108000/24=4500[kW]


負荷Bの平均電力

電力量を24時間分を足し合わせると
4000×8+5000×8+4500×8=60000[kW]

1日の平均を求めるために24で割ると
60000/24=2.5[kW]

負荷Cの平均電力

電力量を24時間分を足し合わせると
1000×20+2000×4=28000[kW]

1日の平均を求めるために24で割ると
28000/24=1166.667[kW]



よって、総合負荷の平均電力は
8166.7[kW]

 

負荷率は
平均電力/最大需要電力 ×100=8166.667/11000 ×100=74.24


従って「約74%」が答えとなる。 

 

陥りやすいミスとは

「負荷率」を算出する際に間違えるミスがある。


採点をしたりすると「2つのミス」が圧倒的に多いことに気付く。


「最大需要電力の算出」で2つミスをしがちだ。


①負荷の最大需要電力を単純に足し合わせてしまう



②問題文に記載されている数字が脳に残ってしまい、数字を書き間違えてしまう。

 

今回自分が間違ったのは「②」が原因であった。
2つのミスと書かせてもらったのだが、間違えた結果は同じ。


だが、決定的に違いがあるので確認しておいて欲しい。

 

負荷の最大需要電力を単純に足し合わせてしまうミス

「総合負荷率」の「総合」がポイントになる。

総合負荷率を求めるために必要な最大需要電力とは「総合負荷の最大需要電力」である。

結論を言うと
時間帯で最も高い需要電力を算出してやる必要があるのだ。


つまり、今回の問題でいえば
時間帯ごとに「A+B+C」を足し合わせて、1番高い値が「総合負荷の最大需要電力」である。

 

12時~16時が該当する。

 

問題文に記載されている数字を認識して間違うミス

これは、非常に注意しなくてはいけないミス。


今回自分が作成した問題では、負荷の最大電力が記載されていた。


敢えて記載した。


過去問は大抵、グラフが与えられていて、それを読み取るだけでいい。だが、問題形式はいつ変わってもおかしくない。

その時にミスをして欲しくないと思い、問題に工夫をしたのだが見事に自分が引っかかってしまった。


時間帯毎で、複数の負荷の需要電力を足し合わせて最も高いのが総合需要電力。


今回、解説文中の赤字部分の「11000」は誤りである。


正解は「10000」である。

 

まとめ

以上、「【電験法規】日負荷曲線の負荷率計算問題で陥りがちな2つのミス」の記事となります。

 

本記事を読んでいる方に役立つことを願っています。

この辺りの言葉の定義は難しいこともあり、ミスをしやすいです。試験本番では絶対に落としたくない問題だと思うので、記事にして印象に残るようにしました。


今週を頑張りきって、土日までにやれることをやっておきましょう。平日に頑張ると、土日は少し楽ができるのでオススメです。