電験法規完全攻略

「法規合格」のための学習サイト

【闇市場調査】建設業界の施工管理求人が多い闇を調べる

お疲れさまです。

 

電験研究を続けている桜庭です。

 

自分は電験を教えている傍ら

 

「世の会社の実情を調査すること」も行っています。

 

 

何故そんなことをしているかというと

資格の価値を効果的に引き出すため


です。

 

 

今の日本には、多くの資格が存在します。


【資格によっては取得しても意味がない】というものも実際あります。そういった背景もあって、かなり大きな個人プロジェクトに挑みます。

 

 

これは世の中の人のためになるでしょう。

 

建設業界の施工管理は実際どうなの?を潜入調査して解き明かす

f:id:denken_1:20191130212156j:plain

求人の検索や転職エージェントに

 

【ある条件】で検索・相談をすると、ほぼ確実に斡旋される業界があります。

 

 

 

まず【ある条件】について話をしましょう。

 

 

 

ある条件とは…

 

 

「勤務地希望」

 

 

 

希望地を希望することで

 

・業種が狭まる

・わがままを言っている自分

 

と思ってしまう節が誰でもあると思います。(エージェントと話すとなれば、負い目を感じやすいです)

 

 

これらが斡旋される業界や仕事を決めてしまう直接要因に思えるのですが…

 

 

実は違うことが判明。

 

 

ここについて後ほど、説明していきます。

 

 

先に「斡旋される業種」の話をしましょう。

 

斡旋される業種は・・・

 

 

 

 

 

「建設業界の仕事」です。

 

 

変なエージェントが付いてしまった時に、足元を見られたら最後。

 

基本的に「建設施工」を進めてきます。

 

 

 

これまで自分はマルチタスクで何度も死にそうになってきました。

 

 

実際に斡旋してくれた会社を少し見てみましたが…

 

 

 

一瞬で「この会社はヤバい」

 

というより「この業界はヤバい会社が多い」と察しました。

 

口コミサイトでリサーチをかけても、そういう声が多く、体験記事も多いです。

 

 

【半世紀遅れてる業界】などと言われていますが

 

実態が分からないことも多いです。

 

自殺者も出ているほどの労働環境である建設施工業界。

 

 

実態、実情どうなのかを探るべく、調査行動を開始しました。

 

 

 

 

※わかったことをどんどん記載していくので参考にして頂けたらと思います。

 

求人広告に「1級建築士資格保有者優遇(月2万円もらえる)」

斡旋された施工管理会社の求人に記載されていました。

 

当然ながら電気資格の優遇はなし。

電気主任技術者の資格までも、資格手当をもらえることはないそうです。

 

 

・・

 

 

・・・

 

 

正直、自分は電気エンジニアなのに塗装や改修工事の求人を持ってくるエージェントに腹が立ちました。

 

失礼だろうと。

 

施工管理という面では、電気だろうと機械だろうと仕事の流れは同じ。



しかし、実際細かい調整をする段階では

 

仕事内容を理解していないと

 

見積もりで騙されたり

 

手抜きの施工を見抜けなかったり

 

後から怒号浴びたり

 

 

こういう事態に陥ることが想像つきます。

 

明らかに建設業界では

電気エンジニアの待遇が悪いことが分かりました。

 

やたらと「建設業界」を推奨する裏にあるもの

「完全な人手不足」

 

 

これ以外、一切の理由はありません。

 

 

調べていくと、分かることがあります。

 

 

建設施工は【現場拘束時間が長い】

 

 

これが非常に良くない。
担当者を苦しめている一番の原因であることを知りました。

 

 

「拘束時間が長いってどういう意味??」という方もいるかと思いますが

 

 

分かりやすく言うと「現場にいないといけない」のです。

 

 

 

現場だけで仕事終わり!なら問題はないのですが

 

 

現場監督者とは違って、机上でやらないといけない仕事が大量にあるのが「建設施工管理」でした。

 

 

机上の仕事は時間外にやるが原則

これは驚きます。

 

早朝から現場に行って、細々なことを調整して疲れ切っている17時。

 

ここから机上業務をする。

 

「恐ろしいな・・」と思ったのですが、これは当たり前だそうです。(⇐当たり前ではないと思う)

 

言葉は悪いですが

「現場にいる時間=自分の仕事が進んでいない」

 

もっと言うと

「現場にいる時間=仕事をしていない」

 

 

こんな感じを自分は受けました。

 

 

業界の人からは「その考えは甘えだ!」と叱責をされる可能性もありますが、世の中のスタンダードからは明らかにズレていますよ。

 

 

机上は机上担当がやるべき。

 

現場は現場担当がやる。

 

マルチタスクは非常に効率が悪いです。机上にいる人が早朝から夕方まで一気に済ませてしまえばよいと思います。

(担当より少し偉いかどうかは知りませんが、新聞等を見ていないで現場の仕事をしている方の机上業務をやってあげましょう。ゆっくりスリッパで歩いてコーヒーを飲んでいるのはおかしいです。)

 

 

まとめ

以上「【闇市場調査】建設業界の施工管理求人が多い闇を調べる」となります。

 

最後は少し過激な発言をしましたが、実際こういった企業があるということを知って頂けると幸いです。

 

組織は持っている仕事を一体になって進めるべきです。

そうすれば、時間外労働など一気に減ります。

 

正直、新聞は職場で読む必要はないと思います。
本当に新聞から情報収集する必要がありますか??その情報、使えてます??

 

と思います。
おかしい企業には特徴があるな・・と感じています。

 

 

今後、調査を行い、分かったことを記録していきます。

 

闇市場の調査結果

①転職エージェントでハズレを引いたら即切ること

【建設施工推し】転職エージェントでハズレの担当を引くとこうなる - 電験合格からやりたい仕事に就く 

 

 

今オススメの記事

電験問題集&参考書の選び方の教科書【結論:選定基準が大事】 

 

企業徹底分析|ブラック企業を探すツールを使いこなすと得をします。 - 電験合格からやりたい仕事に就く