電験法規完全攻略

法規合格まで毎日学習しよう

電気エンジニアの残業で勝負しない生き方【最後に得る物を考えてから過ごし方が変わった】

電気エンジニアは建設業界に続いて、残業が多い業種。ただただ時間を失い、電験合格から遠のいている人を沢山知っている。ここを変えていきたいと考えているのが自分だ。

 

お疲れ様です。

電験と電気業界を研究している桜庭裕介です。

 

❑電験研究歴❏
トータル100年分の過去問を分析しています。

・電験1種 40年分
・電験2種 40年分
・電験3種 20年分

 

≪実績≫

❑電験3種関係❑

【電験|電力(水力発電)】水車まわりの記事がそのまま試験に出題されました


❑電験2種関係❑

電験2種|機械【結論:ポイントを押さえて選択肢を減らす攻略法は有効だった】

❑TOEIC❑
電気エンジニアTOEIC攻略までの道のり【800点までは取れた】

 

 

 

電気エンジニアの残業で勝負しない生き方

現在、今年の資格取得に向けて頑張っている人の為にも

 

「仕事を早く終わらせる」ということを考えています。

 

 

何故なら、資格取得の為には「平日の時間」が多い方が圧倒的に有利だからです。(勉強している本人の身体の負担も明らかに違ってくる。)

 

 

「仕事を工夫するだけではなく、単純にやりすぎの仕事をやめる意識を持とう」という事もこの記事で伝えていきます。

 

労働時間が多すぎる人の話

一時期の自分に近い方がTwitterにいました。

 

このツイートの引用元は、霞が関という東京のビジネス街で、政務関係の仕事をしている方のツイート。

 

 

 

 

毎日深夜2時、3時まで仕事をしているという・・・。

 

 

これについては賛否両論ありますが、個人的には自分が好きでやっている仕事なら全く問題ないと思います。(法律上はアウトですが)

 

しかし、ストレスを感じているようだったら、完全に問題にすべきもの。

 

 

「トラブル時は仕方がない」といった発言をする上層部を沢山知っていますが、これは完全に間違っていると思います。

 

 

トラブル時は皆で頑張れば良い!

他課からも人を集めて、他課の管理職にも手伝ってもらえば良い!

 

それがチームだし、会社という組織だろう。

 

 

そう自分は考えています。

 

「対岸の火事」のように帰宅する安定の経理や人事、楽な部署。

 

 

「縦割りだし、責任分割が云々カンヌン」というのが、日本企業の完全に悪い所。

 

 

「楽な部署、安定の部署でのんびり過ごす社員を無くす」といった改善ができなれば、働き方改革など到底達成できない。

 

 

しかし、会社の組織はなかなか変えることは管理職程度ではできません。部長クラスにならないと厳しいでしょう。

 

ただ一流企業だと、部長になるためには40代中盤から後半まで無理。

 

 

そのため、まずは自分のできる範囲で仕事時間を削る工夫をしていきましょう。

 

残業は一日1時間と決める

これをやると、めちゃくちゃ仕事の改善効果が高いのでオススメ。

 

仕事の質の濃淡を付けざるを得なくなるので、自動的に仕事のやり方が変わっていきます。(期限が伸びてしまうので怒られることもあります。)

 

ただ、怒られるというのは結構重要で

 

 

上司が学ぶチャンス、気付くチャンスでもある

 

 

ということ。

 

どういうことかというと

 

仕事を振りすぎたな

 

そういった気付きを与えることができるということです。

 

 

上司というのは部下の仕事を見ているようで、見ていないもの。

 

 

そのため、振った仕事が完了しているのであれば、残業時間を見て、もう少し仕事を与えても良いなと判断してしまいがち

 

なのが日本の管理職。

 

 

残業時間を押さえて、クリエイティブに

 

 

なんてことは考えないのが今の40代後半から50代の特徴。

 

 

クリエイティブなんてものを信じていなかったりします。

 

 

ただこれは仕方がないことで、この世代も若い頃は一生懸命頑張ってきたわけです。机の上で寝てしまうことがあったという武勇伝とともに。

 

 

今の働き方改革に乗っかって

 

残業時間を決めて、できる限りの仕事をして諦めて期限延長をする

 

こういった工夫をしてみると、世界が明らかに変わります。

 

とはいえ成果を出すべき局面では本気モード