電験法規完全攻略

「法規合格」のための学習サイト

会社にいるうちに電験等の資格は取っておくこと。転職サイトを見ていると「この資格あれば・・」となる

お疲れ様です。

 

桜庭裕介です。

 

今日は資格に関する話をします。

 

転職を考えている方にとって、有益な情報をまとめています

 

資格は会社にいるうちに取るのが基本

当たり前の話と言われれば、その通りなのですが

 

実際は、計画通りにいかないものです。

 

電験で言えば、7月8月がものすごい忙しい人にとっては勉強どころじゃなかったりします。

 

他の資格も同様。


そのため

「資格に合格できていないけど、転職はしたい」という方は多いです。

 

 

この時期になると、求人も増えてきて

 

もっと勉強しておけば良かった・・・と後悔する方が続出します。

 

「資格必須」の求人広告に申し込む価値はあるのか

以前、他の記事でもお伝えしました。

 

結論を言うと

「面接を受けさせてくれる企業はあります。」

 


・この人間は今は資格を持っていないけど、来年資格を取ってくれそう!

 

・人柄が良い

・仕事の経験が豊富

 

 

こういったことを加味して、募集要項に合っていなくても採用してくれる会社は実在します。

 

一方で、自分も経験があるのですが、当然、門前払いをする企業もあります。

 

 

ハローワークや転職エージェントから聞いた話なのですが、これには理由があります。

 

即戦力を求めているか否か

中小企業だと、高齢化が進み、即戦力を求める企業が少なくありません。

 

来年からベテランが抜けてしまうから、今から半年かけて後継者を作ろうといったケースで採用をすることがあるそうです。

 

一方で、大企業であれば社員は多くいます。

 

中途採用した人間がいきなり半年で重要なポストに就くことは少ないです。大企業でのポスト争いは「玉突き人事」がほとんど。

 

 

このあたりが、募集要項の「資格の有無」の影響度になります。

 

 

即戦力を求めている企業に「何も持っていない人間」が売り込みに挑んでも、まず相手にしてもらえない・・・ここには理由がちゃんとあったのです。

 

「科目合格」の結果を全面アピールする

4科目まるまる不合格であった場合、大変申し訳ないが説得力はないです。

 

「無資格」という言葉の通りでしょう。

 

 

ただ電験には科目合格制度があります。

 

「4科目のうち、2科目は科目合格した」という事実は転職業界では非常に使えることが分かっています。

 

 

※校正後、配信します。