電験法規完全攻略

「法規合格」のための学習サイト

電験の謎「あと10点足りない」を詳細分析|法規についても執筆中

お疲れ様です。

 

桜庭裕介です。

 

 

先日、知人から直接連絡が来て「法規の相談」を受けていました。

 

 

相談内容としては

 

①いつから勉強開始をすればよいか

 

②何から勉強すべきか

 

③40点ぐらいしか取れなかった

 

 

この3点でした。

 

直接相談を受けるぐらいなので、やはり悩みを抱える方は多いことを実感しました。

 

 

まずは

 


年に一回の試験というのは逆に勉強時間が長すぎて、試験直前にバタバタしがち

 

 

ここが最大のポイントでしょう。

 

 

自分はトレーニングして、受験が得意になりましたので、少しは役立つアドバイスができるかと思います。(今後、自分の特技を生かして、MBAの資格を取得していきたいと考えています。)

 

 

①いつから勉強開始をすればよいか

1年前から参考書を全力で解く!!という方は残念ながら、大抵失敗しています。

 

そもそも、全力でずっと勉強し続けるほど勉強量もないですし、モチベーションはかなり下がると思います。

 

ポイントは「緩やかに」だと自分は思っています。

 

このあたりは下記の記事が一番よくまとまっているかと思います。要点を押さえて、なるべく苦労せず、楽しく合格しましょう。

 

②何から勉強すべきか

下記の記事が一番要点を押さえているので、役立つと思います。内容を要約すると

 

身に付くまでに時間がかかる&身に付くと忘れにくい「計算問題」を先に攻略しておくというものです。

 

年内に集中的にトレーニングしておくと、試験直前に役立つでしょう。このあたりを解説しています。

 


③40点ぐらいしか取れなかった

この悩みは深刻ですね。

 

結論をいうと

 

「解いた問題数が少なかった」
「ポイントを押さえていない」

 

この2点でしょう。

 

この対策は「電験攻略手順」に記載しました。過去の試験問題を10年ぐらい分析すると、見えてくるものがあります。